« 銀座チェロフェスタコンサート 2007 | トップページ | めでたや、めでたや(^^ゞ »

2007/10/21

万作を観る会

先頃「人間国宝」になられた(おめでとうございますm(__)m)万作さんの会を観て来た。
一部はまず「昆布売」で昆布売を孫の遼太くん(萬斎くんの甥っ子)、大名を石田さん。遼太くんは高2だそうで、若者らしく(笑)爽やか~に演じてた(*^_^*)
次は能の「姥捨」の間狂言の語と仕舞のみを珍しく。語りは万作さんがお一人で。姥捨山に捨てられた老女のお話だったけど、難しくて聞いただけじゃ判らんかった(^^ゞお能の詞章は硬くてムズカシイ。仕舞は四郎さん。こちらも難しかった...
二部は「鐘の音」から。太郎冠者が万作さん(なんとまぁ恐れ多い)、主が万乃介さん。鎌倉へ行って「かねのね(金の値)」を聞いて来いと言われて、「鐘の音」を聴いて戻った太郎冠者が主に叱られる曲。太郎冠者がなんともお茶目だった(*^_^*)
最後は「千切木」で太郎を萬斎くん、当屋を深田さん、太郎冠者を月崎さん、妻を高野さん、立衆が竹山くん他3人と珍しく大勢の曲。口は達者だけど意気地なしで嫌われ者の太郎をけしかける妻が怖くて笑えた(^^ゞ高野さんの女役ってよくある気がするけど、「こーゆー女っているいる」って思っちゃう。上手いよね(^^ゞ
今日って全部初めて観る曲だったかも。今度は親子の「鐘の音」観てみたい♪

|

« 銀座チェロフェスタコンサート 2007 | トップページ | めでたや、めでたや(^^ゞ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92443/16835364

この記事へのトラックバック一覧です: 万作を観る会:

« 銀座チェロフェスタコンサート 2007 | トップページ | めでたや、めでたや(^^ゞ »