« 桜が咲いた~ | トップページ | 春だねぇ(*^_^*) »

2008/03/25

狂言劇場その四

世田谷パブリックシアターの10周年のラストを閉める公演、なんだそう。
今日はで「唐人相撲」の他に「子盗人」のAプロの日。ちなみにBプロだと「盆山」。
まずその「子盗人」を博奕打が万之介さん、乳母が高野さん、何某を深田さんで。終演後のポストトークで萬斎くんが「叔父貴が得意としてる役」って言ってたけど、確かに確かにgood盗みに入った家の赤ん坊(もちろん人形)をあやす万之介さんはむちゃくちゃ面白かったsmile
次に能楽囃子が入った。ラッキーなことに大鼓は亀井くんだったheart04小鼓は大倉源次郎さん、太鼓は観世元伯さん、笛は一噌隆之さん。「唐人相撲」の時に陰で演奏してたのも彼らなのかな?
後半はいよいよ「唐人相撲」。おめでたくて、賑やかで、大勢出てくるからって、ラストの演目に選んだんだそう。皇帝が万作さん、相撲取りが萬斎くん、通辞が石田さん、髭掻が万之介さん。他に楽人・武官・側近・唐子・文官役に高野さんや深田さんや総出で、狂言師でない一般公募の人も沢山出ていた。相撲の取り組みに宙返りあり、組体操あり、合体(笑)あり、パントマイムあり。中国風のセリフもおかしかったし、万作さんの皇帝はお茶目だしwink楽しかった~~happy01
萬斎くんは更に5年間、芸術監督の任期延長になったんだって~

|

« 桜が咲いた~ | トップページ | 春だねぇ(*^_^*) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92443/40642759

この記事へのトラックバック一覧です: 狂言劇場その四:

« 桜が咲いた~ | トップページ | 春だねぇ(*^_^*) »