« 鎌倉芸術館ゾリステン・コンサート Vol.33 | トップページ | »

2011/01/17

STING SYMPHONICITY TOUR 2011

LABYRINTHのtour以来だから約2年振り?STINGのライヴへ行って来ました
ホントは行くつもり無かったんだけど、チェリスト・ミヤケがオケに参加するって言うのと、ブログに「キレイな音です」って書いてたのに惹かれて、3日前にチケット取ったのでした

ギター、ベース、パーカッション2人、コーラス、のバンドの後ろに東京ニューシティ管弦楽団(ミヤケさんは客演)。指揮がマーキュリオさん。
1部(今回2部構成)の3曲目が「
Englishman In New York」でクラリネットの女性がSTINGの横でソロを吹いたのがかっこよかったその次の「Roxanne」でチェロのソロがあって、数曲後のタイトル判らなかった曲にもチェロのソロがあって、終わった時にSTINGが「Cello、ススム ミィヤァキィ」と紹介してたコンマスの浜野さんのソロもあったし、2部ではトランペットもSTINGの横でソロを吹いたしチェリスト・ミヤケはなかなか目立ってました
最近全然STINGの曲聴いてなかったし、SYMPHONICITYも買ってなかったから、曲は知っててもタイトルが出て来な~い
2部のラスト「Every Breath You Take」にはいろいろ思い出してウルウルしてしまった
アンコール4曲もやってくれて、その4曲目、最後はなんとアカペラ。STING、ますます歌上手くなった

確かにキレイな音だった熱唱系の曲の時はちょっとマイクの音デカかったけど
願わくばクラシックのホールでアンプラグドでやって欲しかったなぁ...
でもSTINGはやっぱり素敵でした

|

« 鎌倉芸術館ゾリステン・コンサート Vol.33 | トップページ | »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STING SYMPHONICITY TOUR 2011:

« 鎌倉芸術館ゾリステン・コンサート Vol.33 | トップページ | »