« 成人の日コンサート 2011 | トップページ | STING SYMPHONICITY TOUR 2011 »

2011/01/16

鎌倉芸術館ゾリステン・コンサート Vol.33

大船までのついでに鎌倉まで行って、鶴岡八幡で今更ながら初詣coldsweats01もう空いてるかと思ってたのにかなりの人出でしたcoldsweats02時間ギリギリだったから、若宮大路を人の間を凄い勢いで歩いて往復して来たdash

大船まで戻って鎌倉芸術館へ。「初」ゾリステン・コンサートですnote去年2度程行くまで、遠いホールだと思って敬遠してたからcoldsweats01
今日のメンバーはヴァイオリンが会田莉凡ちゃん、礒絵里子さん、漆原朝子さん、川田知子さん、徳永二男さん、藤原浜雄さん、松田理奈ちゃん、三浦章広さん。ヴィオラが川崎和憲さん、鈴木康浩さん、須田祥子さん。チェロが荒庸子さん、上村文乃ちゃん、そして山本裕康さん。コントラバスが吉田秀さん。徳永さんを聴くのは初めてだし、ヴァイオリンは知らない人が多かった。

まず最初はグリーグの組曲「ホルベアの時代より」Op.40notes
アリアのチェロ、素敵だったぁheart04今日は珍しく右寄りの席だったから裕康さんの横顔を眺めながら聴いていたnote髪伸びたなぁ...coldsweats01
次はチャイコフスキーのアンダンテ・カンタービレnotes
最後の音が終わるか終わらないかのとこで拍手を始めたおじさんが居て、ムカついたpout静かに終わる曲は余韻に浸りたいのになsweat02
前半最後は独奏川田さんで、ハイドンのヴァイオリン協奏曲第1番ハ長調Hob.Vlla-1notes
なんだか「春だなぁ...cherryblossom」って思っちゃった曲でした。ハイドンって春っぽいのかな??
川田さん、かっこよかったgoodいつもちっとも大変そうじゃなく弾いちゃうんだよなぁ。着物生地みたいなドレス、素敵だったshine

後半はドヴォルザークのセレナード ホ長調Op.22notes
コンマスが前半の藤原さんから徳永さんにチェンジ。ウットリ...な曲でしたheart04

アンコールは徳永さんの独奏でクライスラーの「愛のかなしみ」notes
徳永さんの音色はやわらかくて哀愁があって...うまく言えないsweat01

今日の4曲ともそれぞれの作曲家らしさが際立ってる曲だった気がする。1曲目は「あぁグリーグだぁ」だったし、ハイドンなんていかにもハイドン(?)
息もピッタリなメンバーでとっても気持ちの良い演奏でしたnote
それにしても須田さんはいつも揺れながら弾いてるし、康浩さんはいつもニコニコしてるし。理奈ちゃんが自分が弾いてない時に乗り出すようにして前列の人の演奏を聴いたり見たりしてるのが印象的だったeye

帰りはやっぱり寒くて、こーゆーちょっと遠出した時にcarスターレットくん手放さなきゃ良かったなぁって、つくづく思うthink

|

« 成人の日コンサート 2011 | トップページ | STING SYMPHONICITY TOUR 2011 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92443/50606754

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉芸術館ゾリステン・コンサート Vol.33:

« 成人の日コンサート 2011 | トップページ | STING SYMPHONICITY TOUR 2011 »