« JTアートホール室内楽シリーズ「室内楽のススメ」Ⅳ~ミラクル・チェロ・アンサンブル~ | トップページ | 多摩大学主催 山本裕康バッハ無伴奏チェロ組曲 1 »

2013/02/08

ムジカーザ特別コンサート「兵士の物語」

行けない筈だったんだけど、急遽ムジカーザへ。東フィルの黒木さんや神奈フィルの倉田くんが「兵士の物語」をやるというので。
中へ入るといつもと客席の設置が逆になっていて、2Fと中2Fを舞台に、その下のフロアで演奏、となっていたchair

まずは黒木岩寿氏のプレトーク。
「兵士の物語」の悪魔や西洋の具現化された悪魔は、日本では何になるのか考えてみたら「能」に辿り着いたんだそう。日本では悪魔は心に潜む。「あこぎ」の解説や、西行の話まで、つらつらと。黒木さんのお話はどんどん広がっていって面白い。来週はこんな話をたっぷり聞けるのかな?

「兵士の物語」の前に「能舞とコントラバスのコラボレーション」と言うことで、ツビンデンのバッハに捧ぐ~無伴奏コントラバスのためのnotes
舞は大蔵流狂言方の安東伸元氏、コントラバスはもちろん黒木さん。下手にあたる出入り口の方から安東さんが登場し、途中で中2Fへ上がり、舞終わり。能舞台だとやらないけど、最後は扇を置き、その上に面を外して置き、頭巾も脱いで置き、ご挨拶。
黒木さんは私の座った席の目の前で演奏だったので、もの凄い迫力だったimpactB→A→C→Hをモチーフに紡ぎ出されていくメロディnotesってツビンデンさん洒落てるgood

そしていよいよストラヴィンスキーの「兵士の物語」notes
語り手は安東さん、兵士をパントマイムのKAMIYAMAさん、兵士の声を安東さんのお弟子さんの井上放雲さん(チェリストでもあるんだそう)、悪魔をパフォーマーのウヴェ・ワルターさん、ヴァイオリンは荒井英治さん、コントラバスは黒木さん、クラリネットは生方正好さん、ファゴットは吉田將さん、コルネットは長谷川智之さん、トロンボーンは倉田寛くん、パーカッションは久保昌一さん。
KIMIYAMAさん、友人(役者)の若い頃に似ててビックリだったeye兵士の喋りが狂言風だったのが面白かったsign01どこぞでこれ狂言としてやってくれないかなcoldsweats01ワルターさんは胡散臭さが悪魔役にピッタリだったbleah
それにしても荒井さんって上手いなぁnote今度、モルゴーア・クァルテットを聴きに行こうかな?
黒木さんが演出をしたそうだけど、とにかく面白かったgoodまた観たい(聴きたい?)sign03出来ればもうちょっと広い所でcoldsweats01

|

« JTアートホール室内楽シリーズ「室内楽のススメ」Ⅳ~ミラクル・チェロ・アンサンブル~ | トップページ | 多摩大学主催 山本裕康バッハ無伴奏チェロ組曲 1 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92443/56728189

この記事へのトラックバック一覧です: ムジカーザ特別コンサート「兵士の物語」:

« JTアートホール室内楽シリーズ「室内楽のススメ」Ⅳ~ミラクル・チェロ・アンサンブル~ | トップページ | 多摩大学主催 山本裕康バッハ無伴奏チェロ組曲 1 »