« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014/04/29

レクチャー&公開リハーサル「J.S.バッハ:プレリュードとフーガ」

津田ホールで何か聴きたいなぁ、って探してたら公開リハに招待企画があったので、思わず申し込んでしまったgood
前にゴルトベルク変奏曲をやったそうで、今回はプレリュードとフーガnotes
メンバーはvn松原勝也、山﨑貴子、va柳瀬省太、vc菊地知也、cb吉田秀、とヴァイオリンの御二方は存じ上げないのだけれど、私としては他の3人だけでもとっても嬉しいnote
お客さんは50人居たかなぁ?意外と少なくてビックリeye
最初、松原さんがちょっとだけお話してくれて、後はずっと演奏。1曲演奏しては「あそこはこうのがいいよね?!」などと言いながら戻ったり、でもさらっと全曲、BWV541、542、543、545、548を、1時間の予定の所、1時間半で聴かせてくれたnote
それにしてもいい音色だったなぁ、キラッキラしてたshine
松原さんが弦楽五重奏版にしたらとっても難しくなった、って言ってたけど、音の重なり方が素敵で、鍵盤楽器で聴くより好きだなnote
私が神奈フィル定期を2回すっ飛ばした間に退団してしまった(笑)柳瀬くんは相変わらず素敵な音色だったし、JTのチェロ・アンサンブルが終わってしまって聴く機会が無かった菊地さんは緊張してたのか楽譜をぶちまけてたし(笑)、秀さんはなんかお茶目だったし、楽しかったなぁnote
cdCD発売は秋の予定だそうなので、楽しみに待ってますnote

| | トラックバック (0)

2014/04/19

清水和音 ピアノ主義1

和音さんの「ピアノ主義」と言う全10回シリーズが浜離宮朝日ホールで始まった。春と秋の年2回、5年かけて開催するそう。とりあえず初回の今日と今秋は行く予定。来年以降は興味が続く限り、かなbleah

1回目の今日はスカルラッティのソナタからnotes
ヘ短調 K.481(L.187)
ヘ短調 K.519(L.475)
ロ短調 K.27(L.449)
ロ短調 K.87(L.33)
ニ短調 K.9(L.413)
ニ短調 K.141(L.422)
スカルラッティって、私には馴染みの無い作曲家。多分難しいであろう数曲をまるで練習曲かのようにさらっと弾いた和音さん。
プログラムよく見たら、今日はすべて短調だわ。

その次はバッハのパルティータ第2番ハ短調BWV826notes
演奏中、ふと天井を見上げたくなると「天使が飛んでる」って思うんだけど、どうやら今日はここにも居たらしいwink

後半はラフマニノフのエチュード「音の絵」op.39notes
ラフマニノフは好きだけど、この曲は初めて聴いたかな?全9曲からなる、ホントいろんな絵のような色とりどりの曲たちだったshine

アンコールはスクリャービンの2つの詩曲 op.32-1notes
なんかほっこりする曲だったconfident

うん、とりあえず、秋も楽しみnote

| | トラックバック (0)

2014/04/18

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第298回定期演奏会 みなとみらいシリーズ 川瀬賢太郎常任指揮者就任披露公演

2009年の聖響くんの就任披露公演から神奈フィル定期に行き始めて、今夜は新常任指揮者川瀬賢太郎くんの就任披露公演noteあれから5年も経ったのか...て事は、裕康さんのチェロに出逢ってまだ6年なのかぁ...
なんて感慨に浸りつつ、今夜の公演前のロビーコンサートはこれまた就任披露のコンマス﨑谷直人くんと首席2ndの直江智沙子ちゃんにヴィオラ・フォアシュピーラーの高野香子ちゃんが加わったトリオ。ロビコンで一番前に行かなくても姿が見えたのは﨑谷くんが初めてかもcoldsweats02ホント背が高いgood
曲はドヴォルザークのStreich trio Op.75より第1楽章、第2楽章、第3楽章notes
若々しく初々しく、緊張してるけど楽し気な3人の演奏でしたnote

既に興奮気味のロビーを後にして客席へ。今期も2Fバルコニーの同じ席。そして今夜はソロ・コンマス石田くんと1stコンマス﨑谷くんのWコンマスではないかgood
川瀬くんの記念すべき1曲目はバックスの交響詩「ティンタジェル城」notes
この曲はもちろん、バックスも存じ上げなかったけど、面白かったnote「城」はよく解らなかったけど、海がうねってる様子は見えてきたwave砂浜じゃなくて崖のある海辺ね。
平尾さんのシンバル聴けて嬉しかったimpact
2曲目は伊藤恵さんを迎えてのシューマンのピアノ協奏曲イ短調Op.54notes
若草色のドレスで登場した伊藤さんは流石の安心して聴いてるいられる演奏。川瀬くんの背中を見守ってるかのようでしたhappy02
素敵な演奏だったのに、某金管の方が抜差管を仕切りにカシャカシャさせるのが気になって気になってng後で知り合いに訊いたら3F正面席まで聞こえたらしい。失礼だよね、一緒に演奏してる仲間に対しても、曲に対しても。まぁ、客演の方らしいから仲間って思ってないのかもしれないけど。前半も実加ちゃんが吹いてくれたらよかったのに...

後半はブラームスの交響曲第1番ハ短調Op.68notes
熱い演奏でしたgood
指揮台の上を隅々まで動き回り、全身を駆使して指揮する川瀬くん。先日聴いたばかりの京響を指揮する広上さんを思い出してしまった。川瀬くんは唸らなかったからよかったcoldsweats01
第2楽章だったかな?古山真里江ちゃんのオーボエ・ソロからの齋藤雄介くんのクラリネットの所と、コンマス石田くんとホルンの豊田実加ちゃんの所、素敵だったなぁshine
もちろん今夜の裕康さんのチェロは素敵でしたheart04目立ちはしないけど、ちゃんとあの大好きな音色が聴こえて来て、何度ハッとしたことかwink
川瀬くんはちょっと力が入り過ぎだったかもしれないけど(見てて疲れたって人もいらした(笑))、私は好きな演奏だったなnote

終演後の定期会員との乾杯式には黒岩知事もいらして乾杯のご挨拶。ビールは神奈フィルを応援してくれてるキリンビールさんのbeer
顔見知りの団員さん達が「どうでした?」って聞かれたので、こちらも逆に「どうでした?」って質問。みんな演奏してて楽しかった、リハから楽しかった、ってニコニコしてたgood確か、1月のゲッツェルさんの指揮の時もオケがそんな雰囲気だったんだよな。よかったなぁ、このまま順調にいって欲しいなnote

| | トラックバック (0)

2014/04/16

バナ=フワDUO+川嶋哲郎@なってるハウス

なんだかスゴく久しぶりな気がしたけど、1ヶ月振りのなってるハウスnote そして初めてなってるハウスへ行った時以来のバナ=フワDUOscissorsあの時はギャル2人とのVSだった。今夜は川嶋哲郎さんってsax吹きがゲスト。それなりに名のある方らしいけど、私は存じ上げなくてcoldsweats01
どなたかのTwitter写真で不破さんの髪型がえらく変わったのは知ってたけど、超短髪になってたsign01後頭部がちょこっとだけ長くてトサカみたいになってた。実は頭こんなに小さかったんだぁcoldsweats01何気にかなり男前heart04着流し着たら似合いそうだなぁwink

演奏は前半も後半もインプロnotes川嶋さんはsax半分、フルート吹いたり(吹きながら歌ったり(笑))、ピアノもちょっとだけ弾いたり、いろいろ。立花さんは相変わらずでsax吹いてはいたけど、分解したり、普通じゃない吹き方したり、そして今夜も血管切れそうだったcoldsweats01不破さんは今夜も弓で少し弾いてくれてて嬉しくなったnote不破さんのベースはやっぱりカッコイイheart04
楽しかったなぁnote今月は他にコンサートだらけだから行くの止めようと思ったのだけど、行ってよかったなgood

もうすぐGWsign01LFJで渋さ知らズに逢えるっnoteただ不破さんはダンドリストだからベース弾かないはずだし、後ろ向きなのが残念だけどbleah

| | トラックバック (0)

2014/04/13

東京クライス・アンサンブル ドヴォルザーク・シリーズ第1回

残念ながら今回は裕康さんが参加でないngでも去年の春でブラームス・シリーズが終わっちゃって、ドヴォルザーク・シリーズが始まるのはちょっと楽しみnoteドヴォルザークって交響曲は有名だけど、室内楽ってあまり聴かないもの。

まずは弦楽五重奏曲第1番イ短調Op.1,B.7notes
Vn 永峰高志さん、玉井菜採さん、Va 市坪俊彦さん、佐々木亮さん、Vc 河野文昭さん。
いきなりの先制パンチpunch美しかったなぁshine永峰さんのヴァイオリンも、河野さんのチェロも素敵な音色だったgood
次はピアノ五重奏曲第1番イ長調notes
Pf 野田清隆さん、Vn 玉井さん、景山裕子さん、Va 菅沼準二さん、Vc 花崎薫さん。
野田さんのピアノって素朴な音色。HAKUJUホールの椅子って眠くなる(笑)のだけど、意識が遠のく度に花崎さんのチェロに引き戻されたcoldsweats01

後半は弦楽六重奏曲イ長調Op.48,B.80notes
Vn 漆原朝子さん、永峰さん、Va 亮さん、市坪さん、Vc 河野さん、花崎さん。
ドヴォルザークの弦楽六重奏曲はこの1曲のみなのだそう。いろんなメロディが出てきて賑やかな曲(煩いというのではなく)だったnote

来春の第2回のメンバーにも裕康さんの名前は無いのだけど、面白そうだから聴きに行こうかな...

| | トラックバック (0)

2014/04/12

虚構の劇団 第10回公演「グローブ・ジャングル」

6年前(sign03)の旗揚げ公演の再演。
実はあんまり面白いと思えなくて、ほとんど記憶に残ってなかったんだけど(鴻上さんゴメンナサイ)、観てるうちに甦って来たcoldsweats01
出演は旗揚げ時からのメンバーが小沢道成くん、小野川晶ちゃん、杉浦一輝くん、三上陽永くん、渡辺芳博くん。新しく、塚本翔太くん、森田ひかりちゃん、木村美月ちゃん。そして客演のオレノグラフィティくん、根本宗子ちゃん。
ミッチーは幽霊の役。人間じゃない役、多いよねcoldsweats01旗揚げ準備公演の時から、巧いなぁって思ってたけど、この劇団の中でピカイチだよねgood
晶ちゃんは旗揚げの時は無理してる感があったけど、今回はしっくりきてて良かった。
オレノグラフィティくんって初めて観たけど、いい役者さんだねgoodこの役もカッコよくなり過ぎず(笑)ワイルドで良かったなwink
渡辺くんはどうしても大高さんに被るのよね。鴻上さんがそれを求めてるのかなぁ...違う役をやらせてあげたい...

次回、第11回公演はなんとsign01第三舞台の「ビー・ヒア・ナウ」をやるのだそうsign03観たいけど、大丈夫かsign02

| | トラックバック (0)

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 ブルーダル基金感謝コンサート 確かな未来への挑戦

無事、公益財団法人になれた御礼のコンサート。無料だったのに音楽堂が満席にならないのはなんでだ?

第1部は感謝コンサート
神奈川フィル・ファンファーレ「ブルーダル・プレリュード」notes
ヘンデルの水上の音楽より「ア・ラ・ホーンパイプ」notes
ストラヴィンスキーの組曲「プルチネルラ」より第6曲、第7曲notes
メモリー・オブ・ユーnotes
ブラームスの大学祝典序曲notes
指揮は副指揮者の永峰大輔くん。知り合いが「上手くなったよなぁ」って言っていたwink任期はあと1年だそう。
ホルンの大橋晃一さんが作曲したファンファーレ、ちゃんと聴いたの初めてかもsign01
メモリー・オブ・ユーのソロはテューバの岩渕泰助さん。最近フューチャーされる機会が多くて、低音好きには嬉しい限りnote

第2部は感謝イベント
オーケストラ間違い探し!〜かなフィル・ビンカン選手権!〜
ラデツキー行進曲を演奏中に間違いを探して、演奏を止めて答える、と言うもの。新常任指揮者の川瀬健太郎くんが正解かどうかをジャッジ。
1stヴァイオリンと2ndヴァイオリンの位置が逆だったり、2ndの中にヴィオラの劉さんが混ざってたり、永峰くんが指揮棒じゃないのを持って出てきたり、平尾さんがスネアじゃなく和太鼓叩いてたり、銅鑼が鳴ったり。答えが出なかったのはあるフレーズをホルンが吹かなかったのと、装飾音符を全部排除してた、って事だったngなかなか楽しかったぞgood
最後に川瀬くんが指揮をして、滝廉太郎の花notes
客席に神奈川フィル合唱団の方々が混じって座ってらして、立ち上がって歌ってくれた。って言うか、プログラムの裏に歌詞が載ってて、皆も歌ったんだけどcoldsweats01

来週はいよいよ今期最初の定期演奏会。楽しみだなぁnote

さて、高円寺へ移動しますか...train

| | トラックバック (0)

2014/04/05

神奈川フィルメンバーと音楽で遊びつくそう! オーケストラ★ワンダーランド

今年も横浜市開港記念館で神奈フィルのイベント&コンサートnote
去年は開場時間からコンサート終演まで入り浸ってたんだけど、今年はお昼過ぎの裕康さんと大橋さんの講座から参加。と思ってたら間に合わなくて焦ったら時間が繰り下がっててホッcoldsweats01 裕康さんは﨑谷くんの講座で弾いていたけど、ちょっと覗いたら立ち見の方も沢山いらしたので、退散dash
次の講座が始まるまで楽器体験コーナーをうろうろ...
去年は大太鼓を一発叩いただけだったけど、今年はいろいろ試させて貰っちゃったwink 打楽器コーナーではまず大太鼓。思いっ切りドーーーンと叩いてから、平尾さんに「連打してみて」って言われてやってみたけど、どうしても和太鼓のリズムになってしまったcoldsweats01それから名手平尾さんにシンバルも教わっちゃったscissorsシンバル鳴らすなんて小学校以来だわ。意外と重たいって言ったら「これは軽いほう」って。打楽器奏者の方が腰を悪くするのが理解出来ますdespairそれから名称がさっぱり覚えられない幾つかの打楽器も叩かせて貰い、弦楽器コーナーへ移動。ヴィオラの横内さんがいらしたのでしばらく見てたら、次に並んでる人が居なかったので、弾かせて貰ったsign01「ドドソソララソー、ファファミミレレドー」と、なんとか弾かせて(sign02)貰ったbleah爪も伸ばしてるし、顎ではなく左手で楽器を持っちゃってるから弦を押さえられないのよねng弓の持ち方がチェロだって言われたしcoldsweats01弓の説明なんかもして貰って、多分10分程度だったのだろうけど、楽しかったhappy02横内さん、ありがとうございましたm(__)m

それからお待ちかねの大橋さんと裕康さんの(爆笑)講座「一流とは何か?~音楽家たちの作曲家談義~」karaoke
まず裕康さんの好きな作曲家ベートーヴェン、大橋さんはベートーヴェンが嫌い、から始まり(いきなりベートーヴェンで禁句が出かかったけど)、いろいろな作曲家について、基本お2人が好きか嫌いかって話だったけど、ほとんど大橋さんの独壇場だったcoldsweats01キーボードを弾きながら語る語る。それでも語り足りなかったと思う。来年は時間をもっと取るか、テーマを絞り込むか、ですねwinkでも今年も面白いお話が聞けて楽しかったgood
大橋さんの一番はリヒャルト・シュトラウス、裕康さんは(大橋さんに先に言われちゃったので)バッハ、と言うことで締めに裕康さんの演奏で無伴奏チェロ組曲第1番のプレリュードnotesため息confident

最後はジャック・ライヴ2014note
永峰くんが指揮と司会をしながら、裕康さんもインタビュアーで登場。コンマスは﨑谷くん。
グリーグの「ホルベアの時代」よりプレリュードnotes
モーツァルトのセレナーデ第11番K.375よりメヌエットnotes
マウラーの金管五重奏のための12の小品より(3曲)notes
モリコーネのガブリエルのオーボエ(Vcソロ裕康さん)notes
シベリウスのアンダンテ・フェスティーヴォnotes
ストラヴィンスキーのダンス・コンチェルタンテよりⅡ、Ⅴnotes
目を惹いたのはヴィオラのゲスト首席の渡邉信一郎さん。隣の高野さんが隠れちゃうくらいデカイ、ってのもあったけど、結構好みな音色だったりした。ところで柳瀬くんの後任ってどうってるのかな...
演奏後に客席に来てた新常任指揮者の川瀬くんがステージに上がってご挨拶。

今期からの神奈フィルも楽しみだし、来年のオーケストラ★ワンダーランドもまた楽しみにしてますnote

| | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »