« 〜低音の魅力・魔力〜 黒木岩寿コントラバスコンサート | トップページ | 大駱駝艦・天賦典式『ムシノホシ』 »

2014/06/27

神奈川フィルハーモニー管弦楽団第300回記念定期演奏会

凄かったsign03
神奈フィル定期の300回の記念の曲はマーラーの交響曲第2番ハ短調「復活」notes

途中休憩がないからと、開演前にホワイエでロビーコンサート聴きながらワイン飲んでたら「寝ちゃうよ」って皆さんに脅されたけど、寝る暇なんて無かったbleah
そのロビーコンサートはフルートの山田恵美子さんとハープの操美穂子さんのduoでドビッシーの小さな羊飼いnotesとサン=サーンスのロマンスnotes
嵐の前の静けさ、みたいなひと時でした。

舞台からこぼれおちそうなくらい大勢のオケの皆さんと、P席にびっちり座った神奈フィル合唱団の皆さん。舞台上の数席の空席は舞台裏のバンダの皆さんの席。
第4、5楽章のソロはメゾ・ソプラノ藤井美雪さん、ソプラノ秦茂子さん。コンマスは石田くんで隣に﨑谷くん、チェロも裕康さんと門脇くんのWトップ。ヴィオラは前回の定期に引き続きゲスト首席で渡邉信一郎さん。トロンボーンの雪野ちゃんの隣の人、倉田さんに似てるなぁって思ってたら、ご本人だったらしい。あーっ、ご挨拶したかったな...
なんだか演奏が始まる前から興奮してきちゃってcoldsweats01
マエストロ川瀬は最初からフルスロットルdash低弦チーム、特にチェロの音色は安心して聴いていられるgood
第1楽章の後、スコアに記載されてるという約5分(若干短かったけど)のブレイク、そしてみんな楽しそうに弾いていた第2楽章noteピチカートのフレーズのとこ、川瀬くん振らないて揺れてるだけだったsign01後で森園さんに訊いたらゲネプロまではちゃんと振ってたそうcoldsweats01
それからパーカッションチームも素晴らしかったnote特にティンパニーsign03神戸くんともう1人は広響の人だそう。
指揮者を観てる暇がないくらいあちこち気になって、まぁそれが寝てる暇の無かった要因かもbleah
そんなこんなで大終演impact大喝采の皆の笑顔happy01
楽しかったnoteやっと、マーラーの交響曲を好きになれた夜でしたnight

平日の公演のアフターは遅くなるから最近参加して無かったのだけど、わりと早く終わったのと、興奮冷めやらぬのとで、久し振りに混ぜて貰ったbeerいい演奏会の後のお酒はホント美味いsign03そして楽しいっscissors

神奈フィル、バンザイsign03

|

« 〜低音の魅力・魔力〜 黒木岩寿コントラバスコンサート | トップページ | 大駱駝艦・天賦典式『ムシノホシ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92443/59890510

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川フィルハーモニー管弦楽団第300回記念定期演奏会:

« 〜低音の魅力・魔力〜 黒木岩寿コントラバスコンサート | トップページ | 大駱駝艦・天賦典式『ムシノホシ』 »