« 野方WIZ フライデー・コンサート第196回 山本裕康 チェロ・リサイタル~新春に贈る深淵なチェロの響き~ | トップページ

2015/01/21

神奈フィル特別演奏会~オーケストラ名曲への招待~

首席客演指揮者就任披露公演以来1年振り、待ちに待ったサッシャ・ゲッツェルさん登場です
去年はみなとみらい定期の翌日に同じプログラムでミューザ川崎での公演だったのだけれど、今年はミューザが先で1週空いてみなとみらい定期。しかも違うプログラム去年は石田くんと裕康さんのドッベルだったけど、今年は今日だけ裕康さんが独奏。来週も同じのを聴けたらいいのに...
あ、今日のコンマスは﨑谷くん。もう1人のあのコンマスは他所のオケへゲストで不在。

ガン見する気満々の最前列(終演後、齋藤くんや森園さんに「ステージからよく見えた」って)で、でもまずワーグナーの舞台神聖祝典劇「パルジファル」より第1幕への前奏曲
もっと華々しい曲かと思ってたら、静かな厳かな曲だった。ゲッツェルさんにしては地味だったかなぁ。

次はお待ちかね、コルンゴルトのチェロ協奏曲ハ長調Op.37
チェロ独奏はもちろん山本裕康さん
「愛憎の曲」と言う映画の挿入曲で、その映画の中でチェリストが演奏する曲なんだそう。
力強いフレーズがあるかと思えば、艶っぽいフレーズもあったりで、なるほど「愛憎」ね。
そしてそれを弾く裕康さんはめちゃくちゃカッコよくて、またまた惚れ直したもうホントにガン見してしまったわ
そしてアンコールにバッハ無伴奏第3番からサラバンドを弾いてくれた
思えば今日は阪神淡路大震災から20年目の日。鎮魂歌のよう...勝手に黙とう。

裕康さんの演奏に浸っていたかったけど、後半はベートーヴェンの交響曲第3番変ホ長調Op.55「英雄」
ここから対抗配置にチェンジ。聴きやすかった気がしたのはゲッツェルさんの指揮のせいなのか?
今日のヴィオラ・ゲスト首席は金髪ショートカットがカッコイイ女性ベルリン在住の赤坂智子さんとという方だそう。宝塚の男役みたいな雰囲気で、神奈フィルには居ないタイプよね。ちょっとだけ聴けたソロ・パートはいい音がした来週の定期にも乗るそうだから、また楽しみ

終演後のお見送りにはまたゲッツェルさんも出てきてらして、撮影会さながらになっていた顔馴染みのオケの方々に新年の挨拶&感想を言いつつ、裕康さんともお話しし、勝手会の皆さんとアフターへ突入1件目の居酒屋だけじゃ話足らず、カフェバーに流れ、結局今夜も5時間コースいい演奏会の後はいつも盛り上がり過ぎちゃう

|

« 野方WIZ フライデー・コンサート第196回 山本裕康 チェロ・リサイタル~新春に贈る深淵なチェロの響き~ | トップページ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈フィル特別演奏会~オーケストラ名曲への招待~:

« 野方WIZ フライデー・コンサート第196回 山本裕康 チェロ・リサイタル~新春に贈る深淵なチェロの響き~ | トップページ