2014/06/29

K-BALLET COMPANY 15周年 Spring Tour 2014「ロミオとジュリエット」

K-BALLETが15周年かぁ...最初の頃はスチュアートやロイヤル出身の男性ダンサーばかりで、ロマンティック・バレエをやる時は他のバレエ団と合同で公演したりしてたよね。女性も増えたし、若手も増えたし、ユースも出来たし、立派なバレエ団になったもんだgood

その記念公演の演目はロベルタ・マルケスを迎えての「ロミオとジュリエット」note
主な配役は
ロミオ 熊川哲也
ジュリエット ロベルタ・マルケス
マキューシオ 伊坂文月
ティボルト 遅沢佑介
ベンヴォーリオ 井澤諒
ロザライン 白石あゆ美
パリス 宮尾俊太郎
キャピュレット卿 スチュアート・キャシディ
キャピュレット夫人 酒井麻子
乳母 前田真由子
僧ロレンス ブレンデン・ブラートリック
僧ジョン 笹本学

熊川くん版ロミジュリはロザラインが登場する。今回も前回より出番が増えてたような...
追放を言い渡す場面って、前回も無かったっけ?
熊川ロミオとロベルタ・ジュリエットはほんっと初々しくてshineロベルタ可愛すぎだし。
ティボルトの遅沢くんはふてぶてしくかっこよかったheart04悪役、似合うよなぁcoldsweats01まぁ、熊川くんよりも白タイツも似合うとは思うけどwink
このバレエは派手な踊りが少なくて演劇の要素が多いから、演技力も必要よね。何度観ても、最後、2人が死んでしまう場面は貰い泣きしそうになるweep
でも、悲しいエンディングだけれど、終演後、どよ〜んって気分にはならないのは何故だろ?

いつもながらの何度ものカーテンコールnote
熊川くんはロベルタにkissされて照れまくってたcoldsweats01ぉぃぉぃ

| | トラックバック (0)

2014/03/26

K-BALLET COMPANY 15th Anniversary 「ラ・バヤデール」

4日前に観たばかりなんだけど、熊川くんが「やっぱり踊りたい」と言い出したので(笑)追加で観る羽目にcoldsweats01

今日の主な配役は、ニキヤ 荒井祐子さん、ソロル 熊川哲也くん、ガムザッティ 井上とも美さん、ハイ・ブラーミン スチュアート・キャシディ、ラジャ ブレンデン・ブラトーリック、ブロンズ・アイドル 池本祥真くん、マグダヴェヤ 井澤諒くん、ソロルの友人 ニコライ・ヴィユウジャーニンnotes
ニキヤとソロル、ブロンズ・アイドル、マグダヴェヤが先日と違う配役。

荒井さんはやっぱりとっても美しかったshineソロルは遅沢くんのが好きだなheart04マグダヴェヤも先日の兼城くんのがしなやかでよかったなgood
それにしても後半の影の王国のシーンで繰り返されるアラベスクは壮観でしたshine

| | トラックバック (0)

2014/03/22

K-BALLET COMPANY 15th Anniversary 「ラ・バヤデール」

ずっと観てみたかった「ラ・バヤデール」をやっと観る事が出来たgood

今日の主な配役は、ニキヤ 浅川紫織さん、ソロル 遅沢佑介くん、ガムザッティ 井上とも美さん、ハイ・ブラーミン スチュアート・キャシディ、ラジャ ブレンデン・ブラトーリック、ブロンズ・アイドル 井澤諒くん、マグダヴェヤ 兼城将くん、ソロルの友人 ニコライ・ヴィユウジャーニンnotes

遅沢くん、かっこよかったなheart04彼は王子さまよりか、ちょっとワイルドな役のがいいなwink
浅川さんも井上さんも美しかったshineスチュアートはスキンヘッドが似合ってたgood
ブロンズ・アイドルはもっと少年がやったほうがいい気がしたけど...スクール生じゃ無理かな?
それにしても最後はみんな死んじゃうんだから、とんでもなく悲劇よねsweat02
当初、今回は踊らないって言ってた熊川くんが、やっぱり踊るって言うので、後日もう一回観る羽目になった...coldsweats01

| | トラックバック (0)

2013/12/21

K-BALLET COMPANY Winter 2013 The Nutcracker

K-BALLETのくるみ割りを観るのはどうやら5年振りらしいsmile前回は荒井・橋本コンビのだった。今回は遅沢くんの王子が観たいな、と思って。最近かなり遅沢くん熱がアップしてるheart04
赤坂Sacasバージョンは音楽が録音を使用だし、ステージ狭いから、実は好きじゃないbearing

今夜の主な配役はドロッセルマイヤーをスチュアート・キャシディ、マリー姫を浅川紫織さん、くるみ割り人形で王子を遅沢佑介くん、クララを荒蒔礼子ちゃん、お父さんと人形王国の王様をルーク・ヘイドン、お母さんと王妃を柄本まりなさん。
遅沢王子、かっこよかったなぁheart04黒のイメージがあるんだけど、意外と白タイツ似合ってたwink
スチュアートもこんな叔父様いたら好きになっちゃうな的な素敵さだったし、浅川さんは綺麗だったし、荒蒔さんはキュートで本当に少女に見えたgood
久し振りにルークの躍りが観れて嬉しかったなnote
あと、最後のほうのマリー姫と王子のパ・ドゥ・ドゥがむちゃくちゃ好きconfidentあの音楽の盛り上がりと共に、あぁ、夢の時間ももう終わりなんだと、泣きたくなってしまう

つかの間の夢の国shine

春のラ・バヤデール、遅沢くんのソロルが楽しみだなぁheart04

| | トラックバック (0)

2013/10/20

K-BALLET COMPANY Autumn Tour 2013「白鳥の湖」

何度も観てる白鳥だけど、それでもワクワクドキドキする開演前heart02

今日の配役は、オデット&オディールを荒井祐子さん、ジークフリードを熊川くん、ロットバルトをスチュアート、王妃を柄本まりなさん、家庭教師を小林由明さん、ベンノを井澤諒くん。
井澤くんがずいぶん頑張ってたなgood
白鳥の中に際立って腕の長い子が居て、気になって仕方無かったcoldsweats01
スチュアートの躍りをもっと観たかったなぁ、なんかシーン減った?

何よりも、荒井さんがめちゃめちゃ綺麗だったshine何度か観てる荒井さんのオデット&オディールだけど、今までで一番ステキだったshineため息出ちゃったconfident

何度観ても最後のシーンでウルっとしちゃうweep何度観ても飽きないのよねcoldsweats01
これでオケがもっと上手ければなぁ...

そうそうsign01阿部寛さんが観に来てたsign01今度なんか一緒にやるみたいnote

| | トラックバック (0)

2013/06/09

K-BALLET COMPANY Spring Tour 2013 「ジゼル」 

久し振りのジゼルnote
今日の配役はジゼル 佐々部佳代、アルブレヒト 熊川哲也、ヒラリオン スチュアート・キャシディ、ミルタ 浅川紫織。
クールランド公爵が宮尾俊太郎くんだったんだけど、けっこう堂々と貫禄あってパッと見、判らなかったcoldsweats01
あと「6人の村人達の踊り」の後ろの男子2人の内の1人が股関節が柔らかくてびっくりだったeye
佐々部さんは第1幕の最初は可憐だし、足も高く上がってていいなって思って見てたんだけど、最後の場面、それじゃあ死ねないでしょ?って程度の狂気しか感じられなくて、まだまだだなぁって思ったng第2幕もヴィヴィアナとか荒井さんのジゼルだと切なくて泣きそうになってたんだけど、う~んthink

男性陣は宮尾くんとか遅沢くんとか直樹くんとか、熊川くんには及ばないけど、主役を踊れる人が出てきてるのに、女性陣は荒井さんや浅川さんに続く人がパッとしないのよねcoldsweats01里奈ちゃん地味だし。若手女子ガンバレ~って感じだなrock

| | トラックバック (0)

2013/05/26

マラーホフの贈り物 ファイナル! Bプロ

1回目が1996年で、毎年あった訳ではなく、今年2013年が8回目でファイナル。私は何回目だろ?2回目?3回目?
プレゼントの山のような、盛り沢山な演目present
客席も賑やかで、吉田都ちゃんや、Aプロのほうでピアノを弾いたはずの菊池洋子ちゃんらしき姿も見かけたし、鮮やかなオレンジの帽子を被ってたのはうのちゃんだったと思う。

第1部は
「シンデレラ」をヤーナ・サレンコ、ウラジミール・マラーホフshine
「椿姫」より第1幕のパ・ド・ドゥをマリア・アイシュヴァルト、マライン・ラドメーカーshine
「ジュエルズ」より“ダイヤモンド”をオリガ・スミルノワ、セミョーン・チュージンshine
「レ・ブルジョワ」をディヌ・タマズラカルshine
「ライト・レイン」をルシア・ラカッラ、マーロン・ディノ shine

第2部は「バレエ・インペリアル」をサレンコ、マラーホフ、そして東京バレエ団shine

第3部は
「ロミオとジュリエット」より第1幕のパ・ド・ドゥをアイシュヴァルト、ラドメーカーshine
「タランテラ」をサレンコ、タマズラカルshine
「椿姫」より第2幕のパ・ド・ドゥをラッカラ、ディノ、そしてピアノ青柳晋(これだけ録音でなく生演奏note)shine
「白鳥の湖」より“黒鳥のパ・ド・ドゥ”をスミルノワ、チュージンshine
「ヴォヤージュ」をマラーホフshine

「ライト・レイン」がとっても素敵だったgoodちょっと単調な音楽と官能的なパ・ド・ドゥ。半裸に見えそうなピタッとした衣装にライトがあたって全身が金色に見えたshineこの2人が後半は「椿姫」を爽やかにラブラブに踊って、ギャップが面白かったgood
ギャップと言えば、前半「椿姫」を大人っぽく踊った2人が、後半は「ロミジュリ」を初々しく踊ったのも素敵だったなgood

マラーホフはそんな派手な踊りは無かったけど、やっぱり美しかったshineもう40半ばなんだよねcoldsweats01でも少年っぽさもあって、ホント素敵なダンサーgood

何度も何度もカーテンコールに答えてくれて、みんな疲れてるだろうにニコニコと、マラーホフ氏は何度も投げキッスして拍手に答えてくれたkissmark

このシリーズは終わりだけど、引退する訳じゃないから、って。
「ジゼル」また観たいんだけどなぁwink

| | トラックバック (0)

2013/04/11

K-BALLET COMPANY Spring 2013 SimpleSymphony/Promenade Sentimentale/Beethoven Symphony No.9

年末にやたらめったら開催される第九の演奏会は毛嫌いしてたんだけど、K-BALLETの第九を観てからストーリーが見えてきて、興味が持てるようになったかなwink
そんなお気に入りのK-BALLET版「第九」公演。今回は小品2つも同時開催scissors

まずは熊川くん振付で初演の「シンプル・シンフォニー」note
音楽はブリテンのシンプル・シンフォニーnotesソロは荒井祐子さんと西野隼人くん。
黒が基調の衣装、洒落た感じの作品になってたgood
荒井さんは今日も美しかったshine遠目に見ても荒井さんだって判る踊りnote

次は英国ロイヤルの振付家に就任したばかりのリアム・スカーレット氏振付でこちらも初演の「プロムナード・センチメンタル」note
音楽はドビュッシーの「小組曲」、「ベルガマスク組曲」より抜粋notesソロは神戸里奈ちゃん、白石あゆ美さん、宮尾俊太郎くん、遅沢佑介くん。
春霞のような幻想的な作品だったcherryblossom
「月の光」で踊った里奈ちゃんと宮尾くんが初々しかったgood白石さんと遅沢くんペアも素敵だったheart04白石さんの太ももが色っぽくてドキドキしちゃったbleah

後半はいよいよ「第九」note
音楽はもちろんベートーヴェンの交響曲第9番notes
第1楽章は「大地の叫び」impact
ソロは遅沢くん。そして男性陣のマグマの蠢きの様な力強い踊り。
遅沢くんは前半から20分休憩での連続出場。連れの友人曰く「息切れしてた」coldsweats01
私はドビュッシーの時の爽やか系の踊りや衣装より、このマグマの様なワイルドな彼のが好きheart04
第2楽章は「海からの創生」wave
女性陣の瑞々しい踊り。今日は里奈ちゃん大活躍だなgood
第3楽章は「生命の誕生」heart01
ソロは浅川紫織さんと宮尾くん。目の前の手すりが邪魔で見辛かったのが残念bearing
第4楽章は「母なる星」
いよいよ登場の熊川くん。彼が登場するとどうしても盛り上がってしまうsmile
合唱が始まる直前に衣装を着た藤原歌劇団合唱部の方々が舞台の両脇に、独唱の4人が二人ずつ舞台の両脇の際に登場。今日はソプラノ森麻季さん、メゾソプラノ向野由美子さん、テノール小山陽二郎さん、バリトン泉良平さん。森さん以外は初めて聴いた。
戦いのシーンで遅沢くんと宮尾くんが再び登場sign01もうちょっと激しい踊りじゃなかったっけ?ラストシーンもそうだけど、ちょこちょこ改訂されてたようだった。

やっぱりK-BALLETの「第九」は楽しくていいなnote
それにしても管楽器は音を外さないで欲しいなng

| | トラックバック (0)

2013/01/19

東京バレエ団「ベジャール・ガラ」

1週間前に特別(お安い(笑))鑑賞券の申込があり、一昨日当選したので、急遽観に行く事になったcoldsweats01「中国の不思議な役人」と「火の鳥」をちょっと観てみたかったから。

まずは「トン・ジョバンニ」
音楽はショパンのモーツアルトの主題によるnotesダンサーは女性のみ。
最初、男性の声でナレーションが入り、ビックリしたcoldsweats01そして見えない「ドン・ジョバンニ」が登場して、その周りで女性達がアピールするように踊り、また去っていく。時々、シルフィード(彼女だけクラシックの衣装)が場面を横切っていく。なんか不思議な...
上野水香さんはやっぱり目立つねgood

次は「中国の不思議な役人」
音楽はバルトークnotes小林十市くんが特別出演で中国の役人を踊り、娘役を男性が、若い男役を女性が踊った。
途中、「若者と死」と「牧神の午後」をちょっと思い出した。これって子供に見せていいのかなぁcoldsweats01
音楽が迫力あって、今日は録音だったから、生オケだったら凄いのになって思った。でもかなりの人数必要みたいだし、そうとう上手くないとしょぼくなりそうだから、それは難しいのかな?

最後は「火の鳥」
音楽はストラヴィンスキーnotes火の鳥は小林和夫さん。フェニックスは柄本弾くん。
そっか、クラシックとは違うんだよねsign01ストーリーがよく判らなくなって、途中、眠気が襲ってきちゃったsleepyう~ん、私は女性が火の鳥を踊る、クラシックの方が好きかなcoldsweats01

やっぱり、ボレロが観たいなsign01

| | トラックバック (0)

2012/10/06

K-BALLET COMPANY Autumn Tour 2012「ドン・キホーテ」

ツアー初日。
前回のドンキの時は熊川くんが(橋本くんもか)怪我してて、バジルは清水くんだったから、その前っていつだっけ?

今日のキャストは
キトリ 荒井祐子
バジル 熊川哲也
ドン・キホーテ スチュアート・キャシディ
ガマーシュ ビャンバ・バットボルト
サンチョ・パンサ 小林由明
メルセデス 浅野真由香
エスパーダ 遅沢佑介
ロレンツォ ニコライ・ヴィユウジャーニン
花売り娘 白石あゆ美/佐々部佳代

ドルシネア 浅川紫織
それから第2幕で

森の女王 松岡梨絵
キューピット 神戸里奈

今日、遅沢くんがエスパーダやるってこと忘れてて、なんだか得した気分heart04ある意味、バジルより格好良かったりするからgood
スチュアートはカッコイイ役から老け役まで、ホント凄いなって思う。
ビャンバくんもトリプルビルのモーツァルト役に続く三枚目役で、また笑わせてくれたcoldsweats01センターで誰かがパ・ド・ドウとか踊ってる時に、端に座って近くに居る人にちょっかい出したり、いろいろ演技してるから、面白くてついついそっちに目が行ってしまったbleah
闘牛士達の中に小柄だけどジャンプが高い子が居たんだけど、誰だろな?入ったばかりの子かな?

初日だからか、張り切り過ぎなのか、勢いつき過ぎたのか(笑)、第3幕で遅沢くんがちょっと足滑らせてたし、熊川くんもピタッてキメる所でグラついたりしてたcoldsweats01まぁ大勢に影響は無いくらいだったけど。熊川くん、跳ぶし、高速回転だしeye荒井さんはやっぱり美しいshine
オケは相変わらず...金管はまあまあだったけど、木管がなぁdespair

全体的には豪華絢爛shineって感じで良かったかなgood

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧