2015/01/21

神奈フィル特別演奏会~オーケストラ名曲への招待~

首席客演指揮者就任披露公演以来1年振り、待ちに待ったサッシャ・ゲッツェルさん登場です
去年はみなとみらい定期の翌日に同じプログラムでミューザ川崎での公演だったのだけれど、今年はミューザが先で1週空いてみなとみらい定期。しかも違うプログラム去年は石田くんと裕康さんのドッベルだったけど、今年は今日だけ裕康さんが独奏。来週も同じのを聴けたらいいのに...
あ、今日のコンマスは﨑谷くん。もう1人のあのコンマスは他所のオケへゲストで不在。

ガン見する気満々の最前列(終演後、齋藤くんや森園さんに「ステージからよく見えた」って)で、でもまずワーグナーの舞台神聖祝典劇「パルジファル」より第1幕への前奏曲
もっと華々しい曲かと思ってたら、静かな厳かな曲だった。ゲッツェルさんにしては地味だったかなぁ。

次はお待ちかね、コルンゴルトのチェロ協奏曲ハ長調Op.37
チェロ独奏はもちろん山本裕康さん
「愛憎の曲」と言う映画の挿入曲で、その映画の中でチェリストが演奏する曲なんだそう。
力強いフレーズがあるかと思えば、艶っぽいフレーズもあったりで、なるほど「愛憎」ね。
そしてそれを弾く裕康さんはめちゃくちゃカッコよくて、またまた惚れ直したもうホントにガン見してしまったわ
そしてアンコールにバッハ無伴奏第3番からサラバンドを弾いてくれた
思えば今日は阪神淡路大震災から20年目の日。鎮魂歌のよう...勝手に黙とう。

裕康さんの演奏に浸っていたかったけど、後半はベートーヴェンの交響曲第3番変ホ長調Op.55「英雄」
ここから対抗配置にチェンジ。聴きやすかった気がしたのはゲッツェルさんの指揮のせいなのか?
今日のヴィオラ・ゲスト首席は金髪ショートカットがカッコイイ女性ベルリン在住の赤坂智子さんとという方だそう。宝塚の男役みたいな雰囲気で、神奈フィルには居ないタイプよね。ちょっとだけ聴けたソロ・パートはいい音がした来週の定期にも乗るそうだから、また楽しみ

終演後のお見送りにはまたゲッツェルさんも出てきてらして、撮影会さながらになっていた顔馴染みのオケの方々に新年の挨拶&感想を言いつつ、裕康さんともお話しし、勝手会の皆さんとアフターへ突入1件目の居酒屋だけじゃ話足らず、カフェバーに流れ、結局今夜も5時間コースいい演奏会の後はいつも盛り上がり過ぎちゃう

| | トラックバック (0)

2015/01/09

野方WIZ フライデー・コンサート第196回 山本裕康 チェロ・リサイタル~新春に贈る深淵なチェロの響き~

今年のコンサート初めは裕康さんと由里子さんのコンサート
迷子になりつつ(笑)野方区民ホールへどうにかホールに着くと、お馴染みさんが何人もいらしてて、新年のご挨拶が飛び交いました
こじんまりとしたホールで座り心地が良かったし、かなりお疲れモードだったので寝ちゃったらどうしようって思ったけど、そんな暇は無かったわ

前半はじっくり2曲のみ。
まずはお馴染み、最近また裕康さんよく弾くよね、な、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007
最初のプレリュードの時にチェロがよそよそしいような、何か違和感があったんだけど、次のアルマンドからはお馴染みの裕康さんの音色が聴こえて来たあれは一体何だったんだろ(・・?
ここで裕康さんがマイクを持って登場し、新年のご挨拶やら、曲の紹介やら。今夜は合い間合い間でトークしてくれるらしい
そして2曲目はベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番イ長調op.69
ピアノはもちろん諸田由里子さん。久し振りにご夫婦共演を聴いたかな?裕康さんの伴奏は由里子さんが一番しっくり、息もぴったりそしてベートーヴェンの曲で一番好きなこの曲

後半は小品をいくつか。まずはソッリマのラメンタチオ
一昨年の建長寺で初めて聴いてから、聴くのは5度目?すっかり裕康さんのレパートリーになった感カッコイイ
それから、ラフマニノフのヴォカリーズ
ヘンデル(大橋晃一さん編曲)の歌劇「リナルド」より“私を泣かせて下さい”
ヴァヴィロフ(大橋晃一さん編曲)のカッチーニのアヴェ・マリア
ブルッフのコル・ニドライop.47
ポッパーのハンガリー狂詩曲op.68
と、好きな曲のオンパレードで、素晴らしくて、泣きそうだった

アンコールはサン=サーンスの白鳥
そして大橋晃一さん編曲の故郷
もう

ステキな2015年コンサート初めでしたそして今月はなにげに裕康さん月間ですウレシ~~

| | トラックバック (0)

2015/01/01

サザンオールスターズ 年越しライブ2014「ひつじだよ!全員集合!」

サザンの年越しライヴはずいぶんと久しぶりなんだそう。でも桑田さんのソロの年越しライヴはあったから、久しぶりって感じはしてなかったけど
今まではあと数分で大晦日が終わる頃ライヴが始まって、すぐカウントダウンで、元旦の3時頃に終演ってパターンだったのが、今回は21時半開演なので最後にカウントダウンらしい
開場が20時だったので19時半頃に横アリに着いたら既に入場待ちの長蛇の列…でも最後尾に着いたらゆっくりだけど前に進んでく。どうやら早めに開場してくれたみたい入口で腕時計型のライトを配られて「スイッチをonにしておいて」との場内アナウンス。一昨年の夏のツアーもこれやったらしいけど、私が行った初日には用意が間に合わなかったしく、初体験だわ
席に着いたらステージが見えなくて「ん?」って思ってよくよく見たら、バックスタンド席だった始まってみると、もちろんスクリーンがあるから正面からの様子は見えたし、桑田さんや原坊や毛ガニさんがちょこちょこ振り返って手を振ってくれたし、むしろ距離は近いし、なかなかよかった裏方さんの様子やダンサーさん達が待機してるのが見えたり。郁実ちゃん、可愛いかった
今夜はWOWOWの中継とライヴビューイングをやってて、途中、紅白の中継も入ったり。
そんなこんなでやっぱりサザンのライヴはサイコーなのでした懐かしい曲が満載で嬉しかったなぁ
ニューアルバム発売(3/31)と全国ツアーのお知らせもあって、今年も楽しみがいっぱいです


セットリスト
1. Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)
2. フリフリ '65
3. 希望の轍
4. 気分しだいで責めないで
5. 匂艶 THE NIGHT CLUB
6. メロディ
7. 逢いたくなった時に君はここにいない
8. あっという間の夢のTONIGHT
9. JAPANEGGAE
10. 死体置場でロマンスを
11. Computer Children
12. 鎌倉物語
13. BLUE HEAVEN
14. LONELY WOMAN
15. SAUDADE~真冬の蜃気楼~
16. ごめんよ僕が馬鹿だった
17. ラブユー褒章 (ラブユー東京、紫綬褒章受章記念替え歌)
18. 涙のアベニュー
19. 思い出のスター・ダスト
20. シャ・ラ・ラ
21. LOVE AFFAIR~秘密のデート~
22. ピースとハイライト
23. 東京VICTORY
24. 爆笑アイランド
25. 愛と欲望の日々
26. イエローマン~星の王子様~
27. 怪物君の空
28. BOHBO No.5
29. ボディ・スペシャル II
30. 勝手にシンドバット (ここでカウントダウン)

ENCORE
1. 天国オン・ザ・ビーチ
2. ロックンロール・スーパーマン~Rock’n Roll Superman~
3. 栄光の男
4. Oh! クラウディア

| | トラックバック (0)

2014/12/26

川下トリオ+ @なってるハウス

夏以来の、なってるハウスそして川下トリオ+を聴くのも久しぶり雨の日じゃないなってるハウスも久しぶり
川下直広さん、岡村太さん、不破大輔さん、そして山口コーイチさん。
先日の石渡さんと不破さんの演奏の時も思ったんだけど、この位の力の抜け具合が好きだなぁ


ここは落ち着くわ
帰りに不破さんとコーイチさんとリマ店長に「良いお年を〜」って挨拶出来てよかった。
次に行けるのは…ふわの日?

| | トラックバック (0)

2014/12/14

前衛的霊性LIVE vol.9

石渡明廣さんGuitar、不破大輔さんBass、若林淳さんBUTHOのライヴ、東中野の驢馬駱駝http://www.paoco.jp/roma/にて
ビルの最上階のカウンターバーにイベントスペースが併設された素敵な空間の天井にはパオ

夏は天井が開くらしい

石渡さんと不破さんの演奏が始まり、暫くしてから登場の淳さん。
前半は日本髪の鬘を被り、腰巻みたいな朱色のペチコートを履いて、ノーメイクな淳さん。いつもの髭面なんだけど、妙に艶かしい。目の前で踊ってるから一層デカく迫力満点時折クスクス笑いをとりながら、鬘をスポッと吹っ飛ばし、最後はバイバイって小さく手を振って退場。上手いっ

後半は不破さんが出だし弓で弾いてたので嬉しかったいい音休憩中「松脂が湿気でダメ」って言ってたけど、ちゃんと鳴ってた
淳さんは半白塗り、怖い目メイクで登場。壁に頭を打ち付けたり、倒れまくったりで、痛そう汗だく熱演今日は神様より妖っぽかったな。

下の階が住居だそうでドラム使用不可とのこと。その代わり、不破さんがベース叩いたり、手拍子したりしてた。石渡さんのギター、凄かった
こういう生演奏と舞踏、しかもどちらも即興なのにピタッと合ってて素晴らしかったこういうの大好きまたやって欲しいな淳さん「もう引退」なんて言わずに、ね

| | トラックバック (0)

2014/12/02

工藤丈輝「敗北の傘」ヒトでなしの形而上学

…なお跋扈する 都会の 魑魅魍魎ども…

工藤さんのソロを観るのは初。いつも若林淳さん絡みだから。淳さんの舞踏も観たかったな、って思ってたら再来週、石渡さんと不破さんの演奏をバックに踊るそうそれに開演前と終演後に表で煙草を燻らせてた淳さんとお話し出来たしその公演チラシを挟みに来たんだって言ってた

フロアに降りて行くと、スペースの真ん中に天井から吊るされた大きなボロボロの傘。それを囲むように四方に客席。
どこに座ろうか迷って、たぶん下手側にあたる一片の端に座ったら、ちょうど良い席だったみたい。工藤さんが上から降りて来るのと、最後登って行くのが見えたし、背後と横を何度も通り抜けて、息づかいや熱気まで感じられた。対角線上に淳さんが座ってたのにはちょっとドキドキだったけど
所狭しと動き回り、奈落(?)やエレベータ(「ドアが閉まります」ってかすかに何度も聞こえてくるのには笑えた)まで駆使し、最初は軽く白塗りだったけど、汗で上半身はほとんど落ちてた
体脂肪率間違いなく一桁台だろうな、な鍛え上げられた肉体美。淳さんが「Mr.ストイック」って称してた
妖は傘の妖怪だったのだろうか…最後、傘が朽ちて落ちて来て、骨から外したボロ布を纏って妖は戻って行ったのだけど。不思議な、どことなくユーモラスでちょっと哀しげな都会の妖怪。工藤さんみたいな妖なら床の間にでも住み着いてくれないかしら

それにしても、淳さんとお話し出来て良かったわ

| | トラックバック (0)

2014/11/29

下丸子クラシックカフェ

黒木さんと石田くんのデュオがやっと聴けると、ずっと楽しみにしてたのに、黒木さんったら腰と背中を痛めて歩くのもままならん、らしい。トークのみの出演、とのアナウンスが入ったショック
てな訳で前半は山田マスターとマダムしのぶ、ゲスト石田くんの3人で。
後半の途中から途中まで黒木さんがそろりそろりと登場喋りはいつも通り滑らかで「アレがアレしてアレしちゃったんだよぉ」なトークで石田くんを爆笑させてた
黒木さんご本人が一番残念がってて、絶対リベンジするって言ってくれたお待ちしてます

山田武彦の即興演奏 6-2-10-11-7
ドヴォルザークのヴァイオリンとピアノのためのソナチネ
山田武彦のマスターのセレナーデ
ガルデルの想いの届く日
ピアソラのタンゴエチュードより No.3、No.4
ビジョルドのエル・チョクロ
ゲーゼのジェラシー
アンコール
山田武彦のMontana Buffalo Skull
モンティのチャールダッシュ(山田さんのオモチャのピアノと石田くんのオモチャの笛の演奏付き)

| | トラックバック (0)

2014/11/23

YAMATO Strings Quartet 20周年記念コンサート

初YAMATOけっして石田くんファンになった訳じゃないけれど、このところ石田くん絡みが多い
石田泰尚、執行恒宏、榎戸崇浩、阪田宏彰、と言う野郎どものカルテット。なんと20周年だそう。かっこよかったわぁ石田くんと、たまにゲストで神奈フィルに乗る執行さんしか存じ上げなかったけど、チェロの阪田さんステキでした

前半はド・クラシック
ハイドンの弦楽四重奏曲 ト短調 Op.74-3「騎士」
グリーグの弦楽四重奏曲 ト短調
今日は朝から夕方までテニスの団体戦で試合をしてたので、流石に疲れて眠くて、実はほとんど夢うつつで聴いていたある意味かなり心地良かった

後半はクラシックから離れて。YAMATOの代表ってチェロの阪田さんだそうで、解説等々お喋りしながら。
レオン・ラッセルのA Song For You
レッド・ツェッペリンのBabe I'm Gonna Leave You
ピアソラの「天使の復活」「革命家」
伊福部昭のゴジラ
ツェッペリンやるなんて知らなかったなぁ「革命家」はプログラムに無かったけど、今日発売するって言ってたCDが間に合わなかったから、収録曲を先行で、とのことだった。

アンコールはツェッペリンの移民のうた
思わず口ずさんでしまった

石田組もいいけど、石田くんが目立ち過ぎなくって、カルテットカルテットしてて、いいな

| | トラックバック (0)

2014/11/16

あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014 渋さ知らズ25周年企画 「十二夜より十三夜、または勝手にしやがれ」

公演情報を聞いた時からどうなるのかと楽しみにしてた舞台普段喋らない踊り手さん達を中心に生演奏で芝居を上演するっていうんだから

会場に入ると舞台の中心に陰陽の大きなオブジェ。それが2つに割れて、物語に合わせて、それぞれ裏返しになったり、左右入れ替わったり。客席の前列が外されてて、オケピの代わりになってて演奏がよく見える演奏のメンバーも時折芝居に絡んだり。
夕海さん、素敵だったなぁ、声はいいし、歌上手いしトモコさんの台詞回しが一番シェークスピアっぽかったかな?浦島亀太郎が淳さんだって事が観終わっても気が付かなくて聞き馴染んでるって程にはお声を覚えてないし、あの格好はなぁ
台詞噛み噛みの人、歌がイマイチ残念な人もいらしたけど、演奏はどこまでが楽譜通りで、どこまでが即興なのか判らなかったけど素敵だった
物語の舞台は琉球になってて、最後は神様役のジャンボ若さま人形とお馴染みの空飛ぶ龍が戦ったりと、案の定、シェークスピアとは掛け離れてたけど
笑い満載、でも不覚にもウルっともしてしまった
楽しかったなぁ生演奏付きの芝居って好きなのよねこういうの、またやって欲しい

出演
月形(オーシーノ公爵)---和田結美
ビオラ/獅子丸(シザーリオ)/セバスチャン---玉井夕海
セバスチャン---横沢紅太郎
織姫(オリービア)---南波トモコ
アントニオ猪子(アントニオ)---輿石悦子
夢野京太郎(フェステ道化)---渡部真一
丸出魂男(マルボリオ)---伊郷俊行
今日ユタ子(マリア)---吉田京子
大鳥居啓介(サートビーベルチ)---堀井政宏
藤枝海老安(ファビアン)---林周一
蛸八郎(サーアンドリューエーグチーク)---反町鬼郎
ウラオモテヤマネコ(バレンタイン)---すがこ
ウラオモテヒメハブ(キューリオ)---あすか
ジョン・ディー---牧口元美
曚雲(トパス神父)---河内哲二郎
浦島亀太郎(ビオラの友人)/森羅万象---若林淳
道化の心---松原東洋
船長の心---長谷川宝子
森羅万象---霜村佳広

演奏
不破大輔
北陽一郎
広沢哲
立花秀輝
鬼頭哲
松本卓也
ファン・テイル
関根真理
山口コーイチ
山本直樹

| | トラックバック (0)

2014/11/10

吉田誠×ウェールズ弦楽四重奏団 ~近未来を担うアーティストたちの共演~

ウェールズ弦楽四重奏団を聴くのは3度目かな?今日は吉田誠くんと言うクラリネット奏者との共演
久しぶりのブルーローズは広く、と言うか天井が高く感じた。客席がフラットだったから?

1曲目は吉田くんのソロでメシアンの『世の終わりのための四重奏曲』から第3曲「鳥たちの深淵」
いきなりの難曲緊張したろうなぁ、聴いてるこっちが緊張したもの
次はウェールズの4人で、ドビュッシーの弦楽四重奏曲ト短調op.10
ここでの崎谷くんはとっても頼もしいでもどうしても目と耳はチェロの富岡廉太郎くんにいっちゃうのよね

後半はブラームスのクラリネット五重奏曲ロ短調op.115
ブラームス、よいわぁクラリネットと弦との混ざり具合が心地良かった

アンコールはチャイコフスキー(武満徹編曲)の秋の歌
しっとりと
もう1曲、ウェーバーのクラリネット五重奏曲第3楽章より
やっと5人の顔にも笑みが浮かび、富岡くんなんてホント楽しそうにみんなの顔を覗き込みながら弾いていたなんか、いいなぁ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧