2014/11/16

あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014 渋さ知らズ25周年企画 「十二夜より十三夜、または勝手にしやがれ」

公演情報を聞いた時からどうなるのかと楽しみにしてた舞台sign01普段喋らない踊り手さん達を中心に生演奏で芝居を上演するっていうんだからsign03

会場に入ると舞台の中心に陰陽の大きなオブジェ。それが2つに割れて、物語に合わせて、それぞれ裏返しになったり、左右入れ替わったり。客席の前列が外されてて、オケピの代わりになってて演奏がよく見えるnotes演奏のメンバーも時折芝居に絡んだり。
夕海さん、素敵だったなぁ、声はいいし、歌上手いしgoodトモコさんの台詞回しが一番シェークスピアっぽかったかな?浦島亀太郎が淳さんだって事が観終わっても気が付かなくてcoldsweats01聞き馴染んでるって程にはお声を覚えてないし、あの格好はなぁbleah
台詞噛み噛みの人、歌がイマイチ残念な人もいらしたけど、演奏はどこまでが楽譜通りで、どこまでが即興なのか判らなかったけど素敵だったnote
物語の舞台は琉球になってて、最後は神様役のジャンボ若さま人形とお馴染みの空飛ぶ龍が戦ったりと、案の定、シェークスピアとは掛け離れてたけどcoldsweats01
笑い満載、でも不覚にもウルっともしてしまったweep
楽しかったなぁgood生演奏付きの芝居って好きなのよねnoteこういうの、またやって欲しいwink

出演
月形(オーシーノ公爵)---和田結美
ビオラ/獅子丸(シザーリオ)/セバスチャン---玉井夕海
セバスチャン---横沢紅太郎
織姫(オリービア)---南波トモコ
アントニオ猪子(アントニオ)---輿石悦子
夢野京太郎(フェステ道化)---渡部真一
丸出魂男(マルボリオ)---伊郷俊行
今日ユタ子(マリア)---吉田京子
大鳥居啓介(サートビーベルチ)---堀井政宏
藤枝海老安(ファビアン)---林周一
蛸八郎(サーアンドリューエーグチーク)---反町鬼郎
ウラオモテヤマネコ(バレンタイン)---すがこ
ウラオモテヒメハブ(キューリオ)---あすか
ジョン・ディー---牧口元美
曚雲(トパス神父)---河内哲二郎
浦島亀太郎(ビオラの友人)/森羅万象---若林淳
道化の心---松原東洋
船長の心---長谷川宝子
森羅万象---霜村佳広

演奏
不破大輔
北陽一郎
広沢哲
立花秀輝
鬼頭哲
松本卓也
ファン・テイル
関根真理
山口コーイチ
山本直樹

| | トラックバック (0)

2014/10/31

スーパー・エキセントリック・シアター 創立35周年記念公演・第52回本公演 「Mr.カミナリ」

知人の知人(劇団関係者?)にご招待して頂いて、サンシャイン劇場へSETを観に行って来た。

初SETsign01ミュージカル・アクション・コメディ、だそう。だからか…coldsweats01
三宅裕司さんはとっくに60越えだし、小倉久寛さんは今年還暦を迎えたそうbirthdayでも、お2人も他の方々(平均年齢高そうcoldsweats01)もバシバシ動いてたgoodゲストで乃木坂46の桜井玲香ちゃんって子が出てたんだけど、ヘタしたら孫よねcoldsweats01玲香ちゃん可愛かったわ、頑張ってたし。
懐かしの歌あり、アクションあり、ギャグあり。ホロっとしそうになると笑かされて。こういうミュージカルなら私でもついてける、たまにはいいかもbleah
それにしてもSETって大所帯よねsign02誰が誰だか…

終演後、知人と招待してくれた人と飲んだんだけど、久し振りに芝居の話が沢山出来て、楽しかったなnoteちょっと喋り過ぎたかな最近周囲に音楽好きな仲間は沢山居るけど、芝居好きな人は居ないのよねthink

| | トラックバック (0)

2014/09/30

ナイロン100℃ 42nd SESSION「社長吸血記」

ナイロン観るのって、もしかして初めて?
作・演出はケラ・サンドロビッチ氏。
出演は三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、喜安浩平、犬山イヌコ、峯村リエ、村岡希美、皆戸麻衣、水野小論、猪俣三四郎、小園茉奈、大石将弘、鈴木 杏、岩崎う大(かもめんたる)、槙尾ユウスケ(かもめんたる)、山内圭哉。敬称省略m(_ _)m
圭哉さん目当てでチケット取ったのもあって、知らない役者さんが多いcoldsweats01知ってるのは大倉さんとみのすけさん、それと初めて観るけど鈴木杏ちゃん、それくらい。
物語はよく解らなくて(笑)、2つの物語が交錯しながら進んで行く感じ。この感じ、昔よく観たなぁ、ってなんか懐かしさが。それとちょっぴりサスペンスcoldsweats02
圭哉さんがかっこよかったから、よしとしようgood

| | トラックバック (0)

2014/09/12

KOKAMI@network.vol.13「朝日のような夕日をつれて2014」凱旋公演

紀伊國屋で3公演も観たのに、やっぱりどうしてももう一度観ておきたくて、サンシャイン劇場に行ってしまったcoldsweats01ホントは大千秋楽にしたかったけど、明日は大澤さんを聴きに行くからガマンbearing
何度も観てるオープニングなのにゾクゾクしちゃうheart04最後列なのに囁きが囁きとして聴こえるんだもんear
お疲れだったのかなぁ小須田さん、「一文字足して名作を訳わからなくするゲーム(だっけ?)」の時、珍しく台詞が出て来なくて(私にはそう見えた)、大高さんがするっと次へ進めてたgoodでも「今だ独り」な小須田さんはやっぱりステキheart04
藤井くんもつっかえて伊礼くんにマジにはたかれてたしcoldsweats01
これは大千秋楽後にupするつもりだからやっと書けるけど、伊礼くんの歌うアナ雪の替え歌「蟻のままに」は素晴らしかったnote歌声も歌詞も蟻の被り物もgood
ゴドーの覚醒の所、ゴンドラじゃなくて階段を降りて来たのにはビックリしたsign01サンシャイン劇場ではあのセットは使えなかったのかな?
他にもちょいちょい紀伊國屋とは違う箇所があった模様。
玲央くんが一番元気で安定してたかなぁ?出番が少ないってのもあったかも、だけど。

カッコイイ5人の立ち続ける男達。
次は誰が演じるのかなend
早く、また、観たいsign03

| | トラックバック (0)

2014/09/05

一色洋平×小沢道成「谺は決して吼えない」2日目

ミッチーのEPOCH MAN、今回は二人芝居scissors一色洋平くんってミッチーより更に若い青年で脚本家の一色伸幸氏の息子さんらしい。
脚本はmonophonic orchestraの須貝英くん、音楽は劇団鹿殺しのオレノグラフィティくん。演出はミッチーと洋平くんの2人でやったそう。
先日、ワークインプログレスで見せて貰った時は何も無かった空間に舞台が出来て、それを挟む対面の客席。
あの時、2人がこんなのどう?こんなふうにしたい!って思案してた幾つかのシーンがこう来たかっ!って見せられて、おぉ〜ってなったgood
95分全力疾走の熱い熱い芝居。舞台の向う側に他のお客さんが見えて居なかったら、トリップしちゃって戻って来るのが大変だったかもしれない…
ミッチーがTwitterで「役者をやってる人にも見て
もらいたい」って呟いてたけど、その意味が観て解った。でも役者さんには結構キツイ話な気がするけど…
今夜のアフタートークには須貝くんが登場sign01ワークインプログレスの時はギャラリーの暗い隅に潜んでて顔が見えなかったんだけど、思ってたよりずっと若くて普通な(笑)青年だった。でも凄い脚本書くよなぁcoldsweats01
あ、ミッチーってヘドウィグやりたいんだcoldsweats01
それにしてもミッチーが洋平くんや須貝くんやオレノくんに出会ってくれて良かったなぁgood
これ再演しないかな?うーん、DVD買うかぁcd

| | トラックバック (0)

2014/08/22

KOKAMI@network.vol.13「朝日のような夕日をつれて2014」後2日で東京千秋楽!

紀伊國屋ホール千秋楽はチケット取れなかったので、今夜が私的には「朝日のような夕日をつれて2014」千秋楽ですend大阪や福岡へ行った後、サンシャイン劇場で凱旋公演があるけど、他の予定を入れてしまっててshock
今夜は後ろ目の壁際の席。なので客観的に観れるかなぁ?って思ったけど無理だったcoldsweats01客電落ちた途端、吸い込まれてしまって、2時間を駆け抜けたdash
自らアドリブで「失敗ばかりしてる」って言っちゃうくらいは余裕が出て来たらしい藤井くん。TVで観る彼をカッコイイなんて思った事ないけど、この舞台の上の彼はカッコイイwink
この芝居に使われてる音楽が普段流れてくると、頭の中に振付や台詞が浮かぶnote伊礼くんが歌うあの替歌の歌詞は鴻上さんが書いたんだよね?もう、あの歌詞しか浮かんで来なくなってしまったcoldsweats01

何度観てもまた観たいと思う、カッコイイ5人の男達heart045年後辺りにまた再演してくれないかな?大高さん、還暦だそうだけどbleah小須田さんもそれなりの年だけど、お2人には是非またウラヤマとエスカワをやって欲しいsign01
DVD出たら買うかな…ビデオで持ってる'91版も欲しいんだよなcoldsweats01

| | トラックバック (0)

2014/08/19

一色洋平×小沢道成『谺は決して吼えない』ワークインプログレス

1ヶ月前位かな?朝、ミッチーからTwitterで「ワークインプログレス開催します」と流れて来て、速攻申し込んだdashそしたらその夜には30名の定員に達したのだとsign03結局40名入れたみたいだけど。
初、王子小劇場buildingこんなところに劇場があったのか…
中に入ると洋平くんとミッチーがアップしてて、ミッチーは主にストレッチと声出し、洋平くんは……飛んでたeye裸足で…この床、トランポリン?ってくらい高くup
一色洋平くんって、今回初めて観るのだけど、ミッチーと同じくらいの割と小柄な男子で、でもかなり鍛えた筋肉rock身軽で逞しいgoodミッチーも意外と腕がガシッとしてたりするのに、洋平くんと並ぶと華奢に見えるbleah「暑い」と言ったら腕立て10回ゲームをやっていて、ミッチーはすでに80回になってたcoldsweats01

「ワークインプログレス」創作の過程を公開する、と言う事らしい。
でも「ひたすら稽古します」と始まった約2時間。
主に3つのシーンの動きをひたすら作っていってた。台詞は無しで小道具の使い方とか、どんな動きにしようかとか。時折、お客さんやお手伝いに来てた虚構の小野川晶ちゃんとか脚本の須貝さんとか王子小劇場の人とかに意見を求めながら。
ミッチーの頭ん中って一体どうなってるんだろ?そしてそれを難なく実現化しちゃう洋平くんの身体能力good
台詞が入って、音楽と照明が付いて、オレノグラフティくんの歌も入るようだし、どんな芝居になるのか、むちゃくちゃ楽しみっnote

帰りにミッチーが「Twitterで情報を受け取ってくれた人がこれだけ居るのなら、発信も出来るはずsign01」と今夜の参加者は広報係を仰せ使いましたwinkてな訳で、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
一色洋平×小沢道成『谺は決して吼えない』2014年9月4日〜8日@王子小劇場
【予約URL】https://ticket.corich.jp/apply/56967/
【公演HP】http://epochman.com/index.html/


写真撮っていいよ、って言われたけど、見るのに夢中でなかなか撮れなかったぁng

| | トラックバック (0)

2014/08/12

KOKAMI@network.vol.13「朝日のような夕日をつれて2014」

東京公演の中日くらい?初日から10日振りくらいにまた観てきましたscissors
初日は舞い上がってたので、今日の席は役者さんたちの表情が見えるし、よりじっくり観れるかな?
それにしても、鴻上さんの芝居で「Life is life」とか昔から客入れの時に流れてる曲たち、これを聴くとワクワクと同時に何故だか胸がギュッとして泣きたくなるweep

大高さんと小須田さんはともかく、藤井くんと伊礼くんと玉置くんがもうずっとその役をやってたかのように馴染んでて嬉しくなったgood藤井くんは今日はどうしちゃったんだ?ってくらいヤバかったけど。2場面で台詞が変になっちゃって言い直してたcoldsweats01小須田さんのダーツは上達してたgood
ラストシーンの5人はやっぱりカッコイイlovely

カーテンコールで大高さんが「明日2回あるんだ。もう帰ろう。」って言わなかったら、あと2回位呼び戻しそうな勢いの拍手だったwink
東京千秋楽はチケット取れなくて、でも後半にもう1回観れるnoteサンシャインでの凱旋公演はどうしよう…



紙吹雪が飛び出すシーンだとは知っていたのに、思わずウワッと言っちゃったくらい、固まりで紙吹雪が落ちて来たので、貰って来てしまいましたcoldsweats01ゴメンナサイ

| | トラックバック (0)

2014/07/31

KOKAMI@network.vol.13「朝日のような夕日をつれて2014」初日

「朝日のような夕日をつれて」開きましたsign03
17年振りだそうです。私は初めて観たその前の'91年の筧さん、かっちゃん、京ちゃんが出てた版のが、強烈に印象に残ってますが。
初日は観る側もドキドキ。でも、もぎりの隣でいつものようにお客さんとお話ししてる鴻上さんを見るとホッとしたりしてcoldsweats01鴻上さん、開演直前に会場に入ってらして、後方に上がって行ってたから、今日は客席で観たのかな。

大高洋夫
小須田康人
藤井隆
伊礼彼方
玉置玲央

演出効果は加えられて(?)いましたが、あの音楽、あの振付のあのオープニングgood一気に惹き込まれましたeye
大高さんと小須田さんはお馴染みの役。藤井くんと伊礼くんがどっちをやるのかな?って思ってたら、あ、こっちなんだsign01って裏の裏をかかれた感じwink
変わってないシーンと音楽、変えてあるシーンと音楽。
5人の群唱はいつもグッと込み上げて来て泣きそうになるweep

もう1回観たいよぉsign03って思うのもいつもの事。大丈夫、あと2公演分のチケット確保してあるscissors

| | トラックバック (0)

2014/07/21

「ビー・ヒア・ナウ」千秋楽!

「お前を誘拐した。」第三舞台でビー・ヒア・ナウをやったのは1990年(と戯曲本の最後に書いてある)、24年も前だなんて...確か、役者やってた友人を連れて観に行ったんだわ。でもってその友人に連れられて、終演後、楽屋にお邪魔しちゃったんだったsign01筧さんに面会しにheart04懐かしいなぁcoldsweats01

今回、虚構の劇団としての公演ではないそうで、演出は深作健太さん。鴻上さんは劇中、声の出演してたwinkシナリオも時代背景を現在に手直ししたそうで、記憶に無い台詞やシーンもあった。
配役も第三舞台の印象が強過ぎて、誰がどの役やるのか、スゴく楽しみだったnoteで、驚きの配役は、

北川俊太郎…杉浦一輝
友部正和…津村知与支
並木享子…小野川晶
茜雲翼…森田ひかり
デスラー総統…渡辺芳博
その部下…塚本翔大
ドロンジョ…七味まゆ味
ボヤッキー…小沢道成
柄谷哲…三上陽永
その秘書…木村美月

客演のモダンスイマーズの津村くんと柿喰う客の七味ちゃんは予想通り。ミッチーがボヤッキーだとは思ってなかったし、一輝くんが座長だなんてビックリsign03
観ながら第三舞台の面々の姿がフラッシュバックしちゃって、ついつい比べてしまったけど、皆がんばってたなぁ。ミッチーのボヤッキー、かっこよすぎsign01(終演後のお見送りの時、言ったら、当時ボヤッキーをやった伊藤正宏さんが観に来た時、やっぱりびっくりしてたそう。カッコイイ役じゃなかったものね)
シアターコクーンは舞台の背後が外へ抜けられたから、ラストで背景がパッと開いて、皆が外へ去って行ったんだけど(あのシーン、好きだった)、流石にここシアターグリーンは無理だから、映像で壁にピキピキ亀裂が入り、真ん中に穴が空いて、青空が覗いたsun
千秋楽の役者紹介はなんと一輝くんsign01深作さんが出てくるかな?って思って多けど、客席にいらしたらしい。恥ずかしがり屋なんだってcoldsweats01

なんか、いつもと違う虚構のメンバーの一面が見れたような気がして、面白かったなgoodあと、津村くん、気になるから、モダンスイマーズの事、調べてみよっと。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧